スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘆願書提出のお願い

03 11, 2007 | Posted in わんこ | Thema ペット » 動物愛護

0 Comments
現在、またたび獣医師団さん及び、アークエンジェルズさんにて、ブルセラ症ワンコを救うための、嘆願書提出の呼び掛けをされています。もし、少しでも協力してやってもいい、と思われた方は、下記リンクを参照の上、嘆願書の提出にご協力下さいませ。

またたび獣医師団さんの嘆願書(大阪地方検察庁本庁宛てと大阪府警察本部宛て)
アークエンジェルズさんの嘆願書(アークジェルズさんに送付)

到着は、18日必着です(19日11時から2回目の審尋がある為)。

また、アークエンジェルズさんでは、ブルセラ症感染犬差里親募集事前アンケート(16日締め切り)を実施されています。ブルセラ症ワンコが殺処分を受けるのは、飼い主が居ないことが一番のネックのようです。飼い犬であれば、同じ病気に感染していても殺されることはありません。しかし、あの子たちには飼い主が居ないために、殺されてしまいます。

ブルセラ症に対して正しい知識をお持ちで、終生その子を可愛がり、定期的に検査を行える方。里親になってもいいよ、とお思いの方。是非、ブルセラ症感染犬差里親募集事前アンケート(16日締め切り)にご参加下さい。
宜しくお願い致しますm( _ _ )m 。

以下、愚痴(批判?)になるので隠します。 保健所で殺されていくワンコ然り、今回のブルセラ症ワンコ然り。国ぐるみで、どこまで理不尽な差別を行うのでしょうか。どんなワンコでも、ワンコには違いありません。ただ違うことは、飼い主がいるか、いないか、それだけです。捕獲ではなく保護を。殺処分ではなく救済を。あの子たちには微塵も落ち度はありません。悪いことは一切していません。なのにどうしてあの子達の命が奪われるのでしょうか。

ブルセラ症は、治らないかもしれない。けれど、感染する確率を0に近づけることはできる。あの子達は、キッチリ治療を受け、今後も排菌しないことを確認し続けます。しかし、飼われているブルセラ症と気付かれていないワンコはどうでしょうか。治療を受けることなく、終生を終えるかもしれません。

ブルセラ症であっても、治療される飼い主の居ないあの子たち。飼い主はいるけれども、治療されていない子達。どちらが危険なのかな…。勿論、飼い犬及び飼い主さんを責めるつもりは一切ありません(そのように感じられたら、心よりお詫びいたします。申し訳ありません)。
私が言いたいのは、

国が今まで放置し、各飼い主に責任を任せる程度の病気でありながら、なぜ今回に限って、殺処分を行うのか。
なぜ過分の投薬をして、助かるはずの命を殺していくのか。

です。
もし恐ろしい感染症なのであれば、それはもう、飼い主個人が対応できる問題ではなく、地域ぐるみで撲滅していかなければならなくなるでしょう。しかし、そんなつもりは一切ないようです。その程度の感染力なんだと、国として認識しているのです(じゃないと、今頃ブルセラ感染者は鰻上りでしょうし、私達の為に動いている筈の国が、今まで何の手も打たないわけがないでしょうし)。

そして、過度の投薬で命を落としていくワン子達がたくさんいます。救援と言いながら、まともな治療を受けさせず、死んでいったワンコ達がたくさんいます。これは全て、府の犯した過ちであり、裁かれるべき罪なのではないでしょうか。
やっていることは、極悪ブリーダーと同じです。虐待としか感じられません。治療を受けさせず、不衛生な環境に置き、治療を称して過度の薬物(そうなると、薬ではなく、です)を体内に流し込んでいます(薬であっても、度が過ぎれば毒にしかなりません)。

それが、現在も進行中なのかな…?投薬期間が終わり、休眠期間に入っても、まだ投薬は続行中です。そして、漸くこの間、体重を測ったそうです。体重も知らずに、適正な薬量なんて解るはずがない!
そんな治療法を行う獣医さんを貴方は見たことがありますか?貴方が通う動物病院で、そんな投薬をされたことがありますか?私は今まで、そんなの見たこともないし、聞いたこともなかった。
勿論、うちに居る子は小動物ですから、体重による薬量コントロールを間違えば、即、命取りです。薬の注入の際には、必ず確認を取ります。勿論、獣医さんも、その旨を伝えてくれていました(私が通ったことのある動物病院では)。それくらい慎重に行うべき部分だと思っています。副作用の強い薬を使うのであれば、尚更です。

元気だった子も、行政の虐待とも取れる対応によって、肝機能に重度のダメージを受け、命を落としています。また、その時に適切な治療を受けさせてもらえず亡くなった子もたくさんいます。今生き残っている子達も、何らかのダメージを受けている可能性が高いのではないでしょうか。今、元気に見せていても、現状の治療(?)法では、明日をも知れぬ命には変わりありません。

コレを、救済というのでしょうか。
コレが、正しい日本のあり方なのでしょうか。

一日も早い、適正で公平な対応を願うばかりです。

« とうとう明日… 仕方がない…? »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリック募金実施中♪
クリック募金実施中♪
↑1クリック=1円として、動物愛護団体へ支援

→クリック募金サイト様一覧
→里親募集サイト様一覧
カテゴリ
キーワード

  | シキ | コロン | 人工哺育(モルモット) | チャイ | メル | チャマ | 麻呂 |

月別アーカイブ

2014年 09月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【4件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【5件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【9件】
2011年 07月 【1件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【35件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【2件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【23件】
2010年 06月 【21件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 09月 【1件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【2件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【18件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【12件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【1件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【2件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【12件】
2007年 05月 【4件】
2007年 04月 【5件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【11件】
2006年 10月 【14件】
2006年 09月 【7件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【1件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【9件】
2006年 03月 【14件】

検索フォーム
愛用ショップ
クリック募金サイト様
里親募集サイト様




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。