スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕方がない…?

03 07, 2007 | Posted in わんこ | Thema ペット » 動物愛護

0 Comments
偏った報道により、様々な憶測や間違った情報が流れていると聞きました。確かに、あの処分阻止以降、ブルセラ症ワンコについて意見されたり、情報収集されている方が増えたようです(こんな末端のブログにもたどり着く方がいらっしゃったので…)。

処分に反対されている方々が危惧しているそのほとんどが、全く詳細を知らなかった方々が、今回の偏った報道によって処分に賛同してしまうことだと思います。勿論、詳細を調べる方々もいらっしゃいます。しかし、ニュースでしか情報を得られない、情報検索がうまくできない、そんな方々が、偏った報道を鵜呑みにしてしまうことは、十分に有り得ることです。


「感情論でに走り、人間よりも動物を優先するのか。」
という見当違いの批判も目にするようになりました。

「感染症であるが故に、行政の対応は仕方がないものがある。」
と、本当は賛同できないけれども、仕方なく賛同する、という声もチラホラ聞きます。

でも、その全ては、 またたび獣医師団のブログくすのき動物病院のブログ にて、回答されていることです。是非、そちらに目を通し、情報を整理・精査して下さい。プロの獣医師さんの意見です。一度読んでおいて損はないと思います。
また、併せて、行政が公開しているブルセラ症に関するページも是非覗いてみて下さい。処分に反対されている獣医師さんが言われていることと同じことが書かれていると思います。
・ブルセラ症について(横浜市衛生研究所ホームページ)
・犬のブルセラ病について(大阪府環境農林水産部動物愛護畜産課動物愛護グループ)
:大阪府環境農林水産部動物愛護畜産課は今回ブルセラ症のワンコについて、殺処分を決定した救済本部を設置している課です。ホームページ上で書かれていることと、今回行おうとしていることの差異を是非見て下さい。
⇒公的機関の情報を私なりにまとめた記事はコチラ

ブルセラ症対策(動物由来感染症を知っていますか?:厚生労働省) !!追記!!
:他県でのブルセラ症ワンコ達への対応が書かれています(PDF形式)。ブルセラ症ワンコのレスキューは大阪が初めてなのではなく、既に他県にて行われていました。是非、そのときの対応方法等を知り、大阪行政との差を感じて下さい。既に陽性犬が治療されたケースがあります。なぜ、今回(大阪)だけ、処分を行うのでしょうか?


その上で、大阪の行政の対応はどうでしょうか?納得できることでしょうか。
偏った報道に流されないで。人間だから、という驕りをもたないで。

もし、本当にもし、病気の観点から言って、避けようのないことなのだとしたら…

獣医師団が関ってくるでしょうか。
(AA介入を嫌がる方も多いですが、今回は獣医師団の介入が先です。また、治療等、獣医師団がメインで行ってくれるようですので、募金・寄付に関しては、一切行っておりません)
外国の愛護団体さんより、反対を伝えるメールが届くでしょうか
(ちゅーちゅーでござるさんにて紹介・翻訳されています)。

そして、私が一番、納得のできない理由…

家庭犬は治療、和泉市のワンコは処分。

同じ犬なのに…治療を受けられる子と殺処分を受ける子がいる。
家庭犬でもブルセラ症の子は居ます
ですが、今まで大きく取り上げられたことはありません。もし安易に感染するのであれば、大騒ぎになっていてもおかしくない筈です。

本当に、処分は必要ですか?
もう一度、自分の手で。一箇所からの情報ではなく、多方面からの情報を取り入れてみて下さい。今回の騒動の実態、ブルセラ症は一体どんな病気なのか、が見えてくると思います。貴方の一意見は、100以上の、たくさんの未来を左右することになるかもしれません。誰かの意見ではなく、自分で調べ、納得し、責任を持って結論を出してください。

私は、できるだけ多くの情報を調べました。愛護団体さんは勿論、公的機関のもの、愛護団体とは無関係の獣医さんからのヒアリング、全てを考慮した上で、私の意見は処分に値しない、です。
(私は専門家ではありませんので、調べ切れていない部分、誤認している部分等、あるかもしれません。そのときは是非、ご連絡下さい。教えて下さい。)
今現在、私が持っている意見は、自分で調べ、情報を集めて、漸く、至ったものです。ワンコが好きだから、可哀相だから、勿論その気持ちから始まった情報収集です。本当に処分する意味があるのか、しなければいけないのか、そう思って調べました。
結果、処分に値しない、という気持ちは強く、大きくなりました

貴方はどうですか?本当にそれは、貴方の意見ですか?

« 嘆願書提出のお願い 蘭のこれから »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリック募金実施中♪
クリック募金実施中♪
↑1クリック=1円として、動物愛護団体へ支援

→クリック募金サイト様一覧
→里親募集サイト様一覧
カテゴリ
キーワード

  | シキ | コロン | 人工哺育(モルモット) | チャイ | メル | チャマ | 麻呂 |

月別アーカイブ

2014年 09月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【4件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【5件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【9件】
2011年 07月 【1件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【35件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【2件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【23件】
2010年 06月 【21件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 09月 【1件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【2件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【18件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【12件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【1件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【2件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【12件】
2007年 05月 【4件】
2007年 04月 【5件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【11件】
2006年 10月 【14件】
2006年 09月 【7件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【1件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【9件】
2006年 03月 【14件】

検索フォーム
愛用ショップ
クリック募金サイト様
里親募集サイト様




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。