スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜糸完了。

02 10, 2007 | Posted in モルモット | Thema ペット » モルモット

0 Comments
本日、ダクタリ病院へ、の抜糸をしてもらいに行ってきました。

個人的には、ちょーと抜糸までに時間が掛かりすぎてやいないか?と不安でしたが(あんまり長居こと放っておくと、傷口と糸がくっついちゃって、抜くのが大変になります)、流石に傷口がしっかりふさがっているかそうでないのか、は獣医さんの判断にお任せするしかありません。私が抜糸できるわけでもないですし(´ヘ`;)。でも、不安は的中していたかも…
、物凄い嫌がってました。抜いてくれる獣医さんも獣医さんで、大変そう…うーん。シキのときは、8日くらいで抜糸して(10日が目安)、シキもそんなに痛くなさそうでしたし、あっちゅーまに終わったので、負担にもなっていなかったのですが…。の場合は、痛いし(キュンって小さく泣いてたから…)、暴れるし、血は出るし…で、結構散々だったかも。、お疲れ様です…_| ̄|○。

でもって、の今後のお話へ。
実は今日は、昼から行ったので(いつもは午前に行く)いつも見ていただいている獣医さんとは違うかったのですが、今確認してみたら、ダクタリ病院のHPで、「エキゾチック専門」と紹介されている獣医さんに診ていただけました。道理で話が解りやすい筈だ。

ずっと気になっているの今後の対応について、詳しく話を聞きました。
やはり、完治の見込みはなく、治療法も後追いの形で、発症した症状を緩和させる程度のことしかできないのだそうです。抗癌剤などが使えない理由、外科的処理を行うメリットの少なさなど、わかりやすく説明して頂けました。

抗癌剤については、血中に直接投与しなければならず、小動物等には危険が伴い、難易度も高いようです。また注射の際に暴れると更に危険度が増すので、麻酔を掛けて行うことになるかもしれないとのことで、そういったリスクを考えると、投与しない、できない、といった感じに。
外科的処置については、現在、肺に転移していると思われる癌細胞は、元々乳腺から移ってきた物である為、その部分だけの切除で完治する可能性はきわめて低い、ということ。目に見える範囲での切除を行っても、肉眼で確認できないレベルのものが既に転移している可能性は十分にありえること。転移の度に手術を行うことは、小動物にとっては大変なストレスになり、麻酔のリスクを考えるお勧めできない、とのことでした。

漸く、最後通牒を渡されているんだなぁ、と実感が…蘭が今現在、元気なものですから、病魔が巣食っているなんて思えないんですよね。まだ、来月の定期診断で、「あ、やっぱり間違いでした。転移なかったです。あっはっは。」とか言って貰えるんじゃないかって思ってるんですよ。やっぱり。楽観的というか、現実逃避というか…何より、決定的な治療法がない、って辺りでもう、信じたくない、信じられない、って気持ちがまだまだ強くって。

ひとまず、今現在できることは、

・蘭の様子をしっかり診て、変化があったらすぐに病院へ
・できるだけ、現状を維持すること
・免疫力の向上

これだけのようです。
現状維持の為に、アガリクスやサメ軟膏なども進められましたが、医学的には効果がある、という見地には立っていないようです。ただ、免疫力などを上げて、肺癌からの肺炎などを起さないようにする効果は十分に期待できるだろう、とのことで、民間療法としてのプロポリスの投与は続けていくことにします。また、ビタミンCの量も効果があるかはわからないけれども、今よりも多目にあげておいたほうがいい、とのことでした。
何はともあれ、免疫力の向上、老廃物の排出が主な治療法になりそうです。まさにロハス。

病院サイドから処方する薬としては、抗生物質…くらいしかなく…ただ、現在元気なようなので、必要以上の継続は逆に良くないとのことで、あと一週間だけ続けて終わりにします。

これからの一週間は、抗生物質を続けて、プロポリスを飲ませて、ビタミン剤を増やしていきます。また、それ以降については、プロポリスとビタミンC、それとレメディを加えて、3月まで様子を見ようと思っています。

3月の定期健診時で…また、今後の動き方を見直そう。
もっと知識を。もっと情報を集めなくては。やっぱり、手っ取り早いのは論文なんだけどなぁ…どっかに落ちてないかしら…

« 振込報告 最近は何している? »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
1 Trackbacks

肺癌肺癌(はいがん、Lung cancer)とは肺に発生する、上皮細胞由来の悪性腫瘍。90%以上が気管支原性癌 (bronchogenic carcinoma) 、つまり気管・気管支、細気管支あるいは末梢肺由来の癌である。WHOの試算WHO Fact sheet N°297では、肺癌による死亡者数は

URL | 03 16, 2007


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリック募金実施中♪
クリック募金実施中♪
↑1クリック=1円として、動物愛護団体へ支援

→クリック募金サイト様一覧
→里親募集サイト様一覧
カテゴリ
キーワード

  | シキ | コロン | 人工哺育(モルモット) | チャイ | メル | チャマ | 麻呂 |

月別アーカイブ

2014年 09月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【1件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【4件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2013年 01月 【7件】
2012年 10月 【1件】
2012年 09月 【1件】
2012年 05月 【2件】
2012年 04月 【1件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【5件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【9件】
2011年 07月 【1件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【35件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【2件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【23件】
2010年 06月 【21件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 01月 【2件】
2009年 09月 【1件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【2件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【18件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【12件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【1件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【4件】
2008年 02月 【2件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【1件】
2007年 10月 【2件】
2007年 09月 【2件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【12件】
2007年 05月 【4件】
2007年 04月 【5件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【14件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【8件】
2006年 11月 【11件】
2006年 10月 【14件】
2006年 09月 【7件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【1件】
2006年 06月 【9件】
2006年 05月 【8件】
2006年 04月 【9件】
2006年 03月 【14件】

検索フォーム
愛用ショップ
クリック募金サイト様
里親募集サイト様




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。